≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三宿 GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE

granny smith5

田園都市線 三軒茶屋駅又は池尻大橋駅から徒歩15分。
三宿通り沿い、世田谷公園の隣りにアップルパイとコーヒーのテイクアウト専門店
GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEEはあります。
運営はFUNGO、オープンは2012年2月。

アメリカでアップルパイは「おばあちゃんの味」と言われている事から
どこか懐かしい、あたたかさのある「おばあちゃんの味」をコンセプトとしています。

屋号の由来は、世界で最もアップルパイに使用され、
欧米では人気のある青りんごの品種「グラニースミス」と
「おばあちゃん」を意味する「Granny」を掛け合わせて名付けられたそうです。

店内では、4種類の定番アップルパイと季節のアップルパイ3種類、
コーヒーの他にハーブティ、チャイなどもテイクアウト専門で提供しています。

granny smith1

こちらのアップルパイ、道路の真向いにあるサンドイッチカフェFUNGOでいただけるとのこと、
横断歩道を渡りFUNGOにやってきました。(写真はFUNGOの前から撮影)

GRANNY SMITH APPLE PIEのアップルパイ中で最も特徴的(他とは違う)なメニューを伺ったところ、
「少し独特ではありますが」と言葉を添えてDUTCH CRUMBLE(ダッチクランブル)を
おススメいただいたので、そちらをお願いしました。

ダッチクランブルは、トップにクランブルを乗せたアップルパイ。
食感を残したりんごと、黒糖のような風味があるモラセスという糖蜜の優しい甘さが特徴。
隠し味にバーボンを使用した、他では味わえないオリジナルの味です。

granny smith3

ダッチクランブル500円にアイスクリームトッピング100円を追加。
コーヒー300円もお願いして合計900円。リッチなおやつタイムになりました。

granny smith2

クランブルにはシナモンが効いていますが、スパイスは効き過ぎず食べ易いバランス。
りんごがゴロゴロと入っています。

りんごは、国内産のグラニースミス。
生産者と提携して、日本では生産の少ない「グラニースミス」を200本以上(2013年10月現在)植え、
使用する「フジ」や「紅玉」のりんごを年間を通して直接生産者より仕入れし、
安心安全なトレーサブルなりんごを使用することにも拘っています。

食感はかなりシャキシャキしている。火はしっかり入っていますが、生で食べている感じ。
キャラメルソースと思いきや、モラセスを使用しているので、甘過ぎず、くど過ぎず。

他のテーブルでは美味しそうなサンドイッチを食べている方ばかり。
次回はFUNGOでサンドイッチをいただきたいと思います。

granny smith4

店名:GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE
住所:東京都世田谷区下馬1-46-10
電話:03-6805-3353
営業時間:平日10:00~20:00 日曜祝日9:00~20:00
定休日:火曜日
http://grannysmith-pie.com/
スポンサーサイト

| スィーツ | 14:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三軒茶屋 trois 日仏食堂

R0019799.jpg

三軒茶屋駅を下車し、世田谷通りにあるサミットの裏手。

路地を一本入ると、古い映画館、焼き鳥屋、昭和の香り漂う世界が広がっており、
映画のセットのような雰囲気。

R0019805.jpg

ガラス張りのカフェのような外観のお店、
こちらがトロワ

カウンター席が中心で、2人掛けのテーブルが3席ほど。
カフェの雰囲気ですが、前菜からメインまで、ワインと一緒に頂けるお店です。

R0019809-1.jpg

自家製サングリア

後味が独特。
カラメルのような、水飴のような、舌で味を確かめながら、ちょっと他所とは違うお味。
コレは美味しい。
また頂きたい。

R0019810.jpg

オリーブ 450円

R0019813.jpg

根菜のピクルス 400円 (人参・セロリ・ごぼう・蓮根・さつま芋・ヤーコン)

R0019816.jpg

静岡県産初鰹とコリアンダー(パクチー)のカルパッチョ 850円

R0019828.jpg

仔羊と夏野菜の煮込みとクスクス 1,600円

実は、最初にナタトューユを注文したところ、

「ナタトューユはメインの煮込みに似ているので、かぶります」と一言。

「ん?」

「クスクスをご注文されるようなお顔をしておりましたので」と。

クスクスを好む顔をしているらしいです。
そういうお洒落系が似合うということで、解釈をしておこう。

カウンター越しに、こういうやり取りをするのも楽しい。

R0019829.jpg

お好みで、アリッサ(harissa)を。

※アリッサとは、赤とうがらし、にんにく、香辛料などを混ぜ合わせたペースト。

無題

帰り際、ご丁寧に電話代を頂きました。
可愛らしいスタンプが押してあります。

R0019804.jpg

カウンターですが、お隣の会話を気にすることなく、
寛げる空間でした。

●店名:トロワ (sakaba trois)
●住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-15-14 ABCビル110
●電話:03-3419-0330
●営業時間:18:00~24:00
●定休日:日曜日

| ビストロ | 23:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。