≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中華街 BISTRO EASY LIVING

1082.jpg

美味しいごはんが食べたいなと思い、中華街の外れにあるEASY LIVINGへ

元町を背にしてローズホテル(重慶飯店)と交番の間を50メートルぐらい歩いたところの
マンションの2Fにあります。

1056.jpg

あれ?なんだか以前と雰囲気が変わったなと思ったら、
メニューもイタリアンになっていました。

以前は、ごはん(釜炊)が売りだったのですが、
店名、経営者はそのままにイタリアンへリニューアルしたそうです。

店内の雰囲気はというと、以前と変わらず、静かでゆっくりと食事が楽しめる処。

ランチのパスタセット(1,000~1,200円)を注文。
パスタにピアディーナ(薄焼きパン)とサラダがついてきます。

1052.jpg

1066.jpg
(魚のラグートマトソース 1,000円)

ラグーとは、肉や魚介類を細かく切って煮込んで作るソースで、
こちらはミートソースのお肉が魚ヴァージョンです。

ごはんも美味しかったけれど、パスタも美味しい。
パスタは、毎朝お店で打つ生パスタです。

本的な味わい。
乾麺とは違う食感です。
それでこの価格は、お値打ちだと思う。

1061.jpg
(魚介のパスタペスカトーレ 1,200円)

いかすみのパスタです。
いかすみソースではなく、パスタにいかすみが練りこんであります。

1058.jpg
ピアディーナ(薄焼きパン)

薄いナンのような、ピタパンのようなパンです。

ピアディーナとは、イタリア北部ロマーニャ地方の料理で、
小麦粉、水、塩、ラードやオリーブオイルを混ぜた物を円形に薄く伸ばして鉄板などで焼いたもの。
パンやナンと違い酵母は入れないところ。

初めて食べましたが、素朴な塩気がなんとも言えない。
しっとりしていて、パスタに合う。
お皿に残ったソースをつけて。

+150円でドリンクをつけました。

1077.jpg

アメリカンコーヒーを注文したのですが、結構濃いです。
見るからにエスプレッソに近い様子。

アメリカン≒浅煎りのため、苦味よりも酸味が強いのが特色ですが、
このレベルでアメリカンならエスプレッソを注文したら極濃コーヒーがでてくるのかな?

豆はillyです。

1076.jpg

こちらは、カプチーノ。
添えてあるビスコッティ、ありがたい。

別途ドルチェを注文。

1079.jpg
(セミフレット 500円)

流行ってほしいけれど、流行ってほしくないような、
隠れ家的なよいお店。

●店名:EASY LIVING
●住所:横浜市中区山下町93-2 セザール山下公園202
●電話:045-664-9676
●営業時間:11:30~17:00 18:00~23:00
●定休日:木曜
スポンサーサイト

| ビストロ | 23:26 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中華街 謝甜記 本店

R0013606.jpg

久々に『謝甜記』へ御粥を食べにいきました。

暴飲暴食の毎日ですので、たまには胃腸を労わらないと。

創業は昭和26年。
御粥と云ったらここでしょう。


お粥は15種類以上。
とろとろになるまでよく煮込んであるため、スープ感覚…家で作る御粥とは違います。

今日は『三鮮粥』788円を注文。


『蝦焼売』347円(4個)

R0013602.jpg

御粥を食べにきたけど、やはり『やきそば』も捨てがたいと迷った挙句…

R0013612.jpg

『肉絲炒麺』788円を注文。
最後はお酢をたっぷりかけて、さっぱりといただきます。

R0013617.jpg

サービスで『杏仁豆腐』いただきました。
いつもありがとうございます。

結局、今日もよく食べました。
胃袋満タンでございます。

R0013622.jpg

人気店なので、お昼時は、行列ができます。
でも回転は比較的早いので、10分~15分で入れます。

R0013624.jpg

●店名:謝甜記 本店
●住所:神奈川県横浜市中区山下町165
●電話:045-641-0779
●営業時間:平日10:00~15:00/16:30~20:30 土曜 10:00~21:30 日曜・祝日10:00~20:30
●定休日:火曜

| 中華 | 22:38 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。