≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

田町 KAITEKI CAFE

R0017614.jpg

4月5日、地球快適化インスティテュートプロデュースのKAITEKI CAFEがオープン。

田町三菱ケミカルホールディングスビル1Fにあります。

R0017612.jpg
入って直ぐ、窓側のカウンター席には、i padが設置されている。

KAITEKI CAFEのコンセプトは、

人間、社会、地球、すべてが快適であること。
快適な状態が続くこと。
世界中の人が健康であること。

店内はギャラリーのようになっており、
三菱グループの製品や技術が紹介されています。

R0017609.jpg

こちらで提供しているお野菜は、
植物工場「エンジェルファーム」(プラント技術開発センター)で、水耕栽培されたもの。

これ、野菜栽培ユニットMINI-VEGE PLANT

何と申しますか、野菜も工場で作られる時代がきたのかと思うと、違和感を感じますが・・・
特徴としては、

●天気に左右されることなく安定供給可
●季節を問わない
●農薬不使用
●洗わずに食べることができる(完全閉鎖型の植物工場で、無菌に近いクリーンルームで栽培)
●ほぼ無菌のため野菜が腐りにくく、露地栽培よりも長期保存可
●露地栽培よりもミネラル分が豊富

LEDの光ですくすく育ちます。

さて、どんなお味なのか?

R0017599.jpg
野菜のタジン 900円

食感は柔らかく、苦味やえぐみが少ない。

小さいお子さんや野菜嫌いの方にはよいかもしれません。

子供が嫌いな野菜の代名詞と云えば、ピーマンだったと思いますが、
品種改良を続けて、現在はあの独特の香りが弱くなった気がします。

結果、野菜嫌いの子が少なくなったのではないでしょうか。

それはいいことなのか?
自然界に反していることではないか?

どちらが正しいかは何とも言い難いですが、個人的にはやはり大地で育った
生命力を感じる野菜を頂きたい。

話が反れました。

R0017601.jpg

醤油ベースのごまタレでいただきます。
このタレ結構好きな味。

R0017588.jpg
砂肝と手羽先のコンフィ 900円

カフェのメニューで砂肝は珍しい、結構嬉しい。

ミニベジプラントの光が強すぎて、逆光ぎみ?なので別の角度からもうワンショット。

R0017592.jpg

店員さんへおすすめは何か?と尋ねると、
オススメされたのは、ランチのセットメニュー。

そちらを注文(通常はランチタイムのみの提供)

R0017607.jpg
チキン南蛮・自家製タルタルソース添え(サラダ・スープ・ライス付)700円

ボリューム満点!!
胃袋がデカいわたしでも、結構満腹になりました。
これで700円はありがたいです。

R0017606.jpg

さっくさく。

揚げ物をおかずに、ごはんを頂く。
この満足感。

R0017587.jpg

アサイーアップル 400円。

こちらも店員さんオススメ。とっても濃い。

R0017610.jpg

水耕栽培されたお野菜を目にしながらお食事を頂く空間、楽しい。

店名:KAITEKI CAFE
住所:東京都港区芝4-14-1 三菱ケミカルホールディングスビル1F
電話:03-6435-2835
営業時間:11:30~ 22:00
定休日:日曜
スポンサーサイト

| カフェ | 08:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。