≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤坂見附 うまや



赤坂見附駅から徒歩5分。
一ツ木通り裏手にある一軒家、九州料理を主とする「うまや」に行ってきました。

715.jpg

運営はJR九州
発祥地は九州博多

都内に4店舗(赤坂・北千住・有楽町・外苑信濃町)あります。

711.jpg

入口

702.jpg

土間に火があります。
靴を脱いで、2階へ

700.jpg

2階へ上がった正面に市川猿之助丈の写真が飾ってあります。

699.jpg

実はうまやは1階と2階が店舗、
3階が市川猿之助丈一門及び紫派藤間流の稽古場 になっています。

赤坂うまやと市川猿之助丈の関係については、
かつて不遇時代に一番温かく受け入れたのが博多のお客様だったとのことで、
博多にはことのほか思い入れがあり、
この土地に新稽古場を建設する際JR九州へ出店の話を持ちかけた。

また、農家にとって重要な財産でもあった牛馬を飼育するための厩(うまや)には
年々定時に行われる悪魔払いの行事があり、
猿が牛馬をひいている絵札を厩の木戸に貼って守札にする信仰があると云われている。

“さる”は“うま”の守り神。
「うまや」は「猿之助丈」ディレクション。
“さる”と“うま”の古来からの深い関係からもご縁があったようです。

696.jpg

通路を通り、一番奥の爽(そう)の間へ

578.jpg

さて、今宵の乾杯は、スパークリング純米大吟醸
福島二本松市人気酒造人気一 980円/240ml

ワインを瓶の中で発酵させ、シャンパーニュ地方で造られたものをシャンパンと呼びますが、
シャンパン同様最高級品の純米大吟醸を瓶の中で発酵させたスパークリング日本酒です。

瓶の中で、米と米こうじのみで発酵させ、
発酵の過程でアルコールと共に造られる炭酸ガスを瓶の中に封じ込めました代物。

日本酒らしさと酸味のバランスが特徴。
危険な1本…。

579.jpg

お通しのお野菜は、群馬県嬬恋村のもの。

588.jpg

塩/お味噌/ポン酢で。

580.jpg

辛味そぼろのレタス包み 850円
レタスに辛味そぼろと揚げたビーフンを一緒に包んでいただきます。

583.jpg

お刺身3品盛 2,500円
鯛/かんぱち/まぐろ、新鮮です。

590.jpg

ごどうふ 540円

ごどうふとは有田の郷土料理で、
豆乳に葛や澱粉を混ぜ固めたもの。

食感はもちもち、なめらかなプリンのようです。
ごま醤油でいただきます。

591.jpg

博多明太子の卵焼き 850円

600.jpg

山芋とろとろ鉄板焼き 850円

603.jpg

自家製辛子蓮根 800円
豆腐を使っているので辛さは控えめです。

611.jpg

博多 はかた天乃 辛子明太子 880円

そろそろ〆です。
九州を云えば、やはり水炊きでしょうかね。

みつせ鶏の水炊き、2700円/人を注文。
(骨付きもも肉、つくね、野菜盛り、雑炊)

みつせ鶏の特徴は、生後80日頃出荷されるため、
程よい歯ごたえとお肉の味がしっかりとあるところ。

人里離れた佐賀、福岡、長崎、大分の北部九州の山間部、
ストレス少ない環境で飼育されているため、身もしっかりとしている。

621.jpg

大分 ゆずの里 柚子こしょうでいただきます。

622.jpg

先ずは、鶏から

623.jpg

626.jpg

続いてお野菜

638.jpg

651.jpg

続いて御雑炊
卵は、都度質のよいものを全国から取り寄せます。
黄身がものすごく丸い、球体です。

この卵、お昼には卵ごはんとして〆にいただけるそうです。

659.jpg

662.jpg

米は富山のこしひかり

デザートタイム

676.jpg

一押しの うまや特製 杏仁豆腐 500円

この杏仁、めちゃくちゃ白い!
なんと、杏仁の粉から自家製だそう。

因みに、杏仁粉は、杏の種の中(ちょうど神様の部分)を磨り潰したもの。
これは、とても手が掛かっている。

690.jpg

大分やせうま 600円
太目の平麺状にお手延した小麦粉団子を茹で、きな粉と砂糖をまぶしたおやつ。

678.jpg

わらび餅と黒ごまアイス 550円

686.jpg

紫芋のきなこ黒蜜がけ 500円

618.jpg

お酒をいただく器。
うまやのオリジナルです。

ネオン街赤坂にいながら、静かで穏やかな異空間でした。

1Fはテーブル席とカウンター席、個室(囲みの間)
2Fは全て個室ですが、畳にテーブルの「藤の間」はちょっと粋でした。

●店名:赤坂うまや
●住所:東京都港区赤坂4-2-32
●電話:03-6229-1661
●営業時間:【昼の部】11:00~14:30(月~金)11:30~14:30(土・祝)
      【夜の部】17:00~翌0:00(月~木)17:00~01:00(金)17:00~23:00(土・祝)
●定休日:日曜日、祝日の月曜日
スポンサーサイト

| 日本食 | 00:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤坂見附 HOOTERS TOKYO



赤坂見附駅、永田町駅にある赤坂東急プラザホテル2F
以前ロイヤルホストだった場所にオープンした、カジュアルレストラン&スポーツバー
HOOTERS国内1号店に行ってきました。

経営は、2005年8月設立の株式会社エッチジェー。
2008年6月にアメリカのフーターズ・オブ・アメリカ・インクと契約し、
日本でのFCライセンスを取得した。


オープンした10月25日には大変な行列ができたらしい。
以降も連日大盛況と聞いたので(どうやら3時間待ち)、
これは予約しないとまずいと思い電話するが、
しばらくは予約を受け付けておらず…

ちょうど12月から予約対応可能になり、
2か月経った、12月20日19時半に予約をとることができた。

935.jpg

想像はしていたけど、2か月経ってもこの行列。

オレンジの明るいライトが駅からでも目立つほど。
ガラス張りで外からも店内の様子がよくわかる。

937.jpg

予約してよかった。
行列を横目に、予約時間ジャストに店内へ。

972.jpg

入って真ん中にバーカウンター。
右側半分が喫煙席。
左側半分が禁煙席。

喫煙席側は全席低いテーブルだが、
禁煙席側は低いテーブルとハイテーブルが半々になっている。
思いのほか、なぜだか盛り上がり度は禁煙席の方が高い。

940.jpg
(スムージー 500円)

席に着くと、担当のフーターズガール(ウェイトレス)が、
ナフキンに自分の名前を書いて渡してくれた。
今宵の担当は、SACHIKOさんだ。

アメリカっぽい。
だけどチップ制度はない。

チップ制度が導入されたら、きっとモチベーションはぐいぐい上がるだろうな。
現状、フーターズガールの時給は1500円からとなっている。

942.jpg
(ケサディア チーズ 980円)

946.jpg
(フーターズ・コブサラダ 1,680円)

ベーコン、チーズ、フライドチキン、トマトが入ったサラダ。
ドレッシングは5種類。(ランチ/ブルーチーズ/ハニーマスタード/サウザンアイランド/和風ドレッシング)
ブルーチーズをチョイス。

954.jpg
(バッファロープラッター 1,980円)

バッファロー・シュリンプ、チキン・ストリップ、チキンウィング、
全てがてんこ盛り。

チキンはレモンペッパーのころもありで。
ドレッシングはランチドレッシングを選んだ。

939.jpg

揚げ物祭り。今宵はフェア開催中。
既に揚げ物半年分摂取しております。
チキンにむしゃぶりつく。

チキンを手で食べますから、ペーパーナフキンはたくさん必要。

チキンには、ランチドレッシングときどき、ハインツのマスタード&トマトケチャップ。
(トマトケチャップのカロリーと塩分、実は結構高いらしいが…)


人気メニューのチキンウィング 780円/5ピース

959.jpg

ソースはHOTにしたが、思ったほど辛くない。


こういうの食べていると、なぜだかビールじゃなくて、
しゅぱっとコーラが飲みたくなる。

コーラを注文したら、本国と同じくジャンボサイズ。

961.jpg


と、ここで、BGMにMickey♪が流れてきた。
Mickeyと云えば、チアーリーディングで最も有名な曲。

ショータイムがどうやら始まるようだが、音楽に合わせてちょぴっと踊る程度。

チアリーダーのキレのある動きとか、
セクシーダンスではなくて、なんともやる気がないというのか何なのか。
どうやらこのコーナーは1時間に1回のペースであるようだ。

手前が我々の席。
奥がハイテーブルの席。

ハイテーブルの席でオーダーをとっている間、
視線が自然と胸元にいくようになっていて、
逆側では、素敵なおしりに自然と視線がいくようになっている仕掛け。

962.jpg

ナイスバックショット!!

んー、普通なら、お客におしりを向けていたら失礼だけれど、
最悪の接客姿勢が、最高のサービスになっている。

女の子に冗談言えるきっかけがオーダーするときぐらいだけだから、
そのきっかけを無駄にしてはいけない。

通常まとめて注文するところ、
好みの女の子がきたところで無駄にオーダーしたくなる。


一気に注文せず、こつこつ1つずつが、コツ。

それから、フーターズガールには痩せてる子はいなくて、ちょっとムチムチ系。

それも、その筈で、
どうやら全員ワンサイズ小さいユニフォームの着用が義務付けられているようだ。

セクシーよりもヘルシーというほうが表現としてフィットするかな。


ここでフーターズの有来をお伝えしますと、
店舗で働く「フーターズ・ガール」を見た男性客がフクロウのように目をキョロキョロさせることから、
この名前がついている。

また、フクロウの「ホー、ホー」という鳴き声を英語で
「Hoot, hoot」と表記するためであるが、
「フーターズ」には「女性の胸」という意味もある。


散々食べたが、やはり炭水化物を接種しないと食べた気になれず、
〆の食事を注文。

965.jpg
(フーターズバーガー 1480円)

付け合せに

966.jpg
(カリーフライ 680円)

970.jpg

(フィリー・チーズ・ステーキサンド 1780円)

何カロリー摂取したのかな?ってことは忘れよう。

食事は不味くはないが、ほっぺたが落ちるようなものではなく、空間を楽しむのがメイン。

一番はキャストの存在だろうから、リピーターを獲得するには、
スーパーかわいいか、スタイルがいいか、すごーく面白いのか。
フーターズガールの能力が問われるだろうな。

たばこ嫌いでも、予約は喫煙席がおすすめ。
なぜだか、喫煙席側の方が盛り上がっていた。

それと遅い時間(9時以降)の方がキャストが若干増えたような気が。
駅でしっかりラーメンを食べた後に、ビール&チキン&ガールズを楽しむっていう
コースもありかもしれない。

混雑のため、食事時間は2時間制と言われたが、
通りがかる女の子をチェックしたり、なんだかんだあっという間に時間が過ぎ、
結局きっかり2時間居座ってしまった。

●店名:HOOTERS
●住所:東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急プラザ2F TOKYO(フーターズ)
●電話:03-6206-1242
●営業時間:open11:00~close23:00(last order22:30)
      Friday/open11:00~close28:00(last order27:30)
●定休日:なし

| レストラン | 16:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。