≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

都立大 八雲茶寮



お茶を炭酸水で割った飲み物(ノンアルコール)で乾いた喉を潤します。

媒心果と同じ敷地内になる八雲茶寮へ昼懐石を頂きにきました。

場所は、都立大学より住宅街を抜けて歩くこと15分。
426号線、自由通り沿いの閑静な住宅街にあります。(過去の記事
運営は、HIGASHIYAで有名なSIMPLICITYです。

昼懐石は、正午より午後3時迄。(午後1時ラストオーダー)
メニューは、前菜/お作り/焼き物/汁椀/和え物/焚き物/ご飯/香の物/生菓子/お薄の5000円コースのみ。

P9170611.jpg

鱧の銀杏餡醤油

P9170623.jpg

和歌山産戻り鰹 ポン酢ジュレ 白ネギ
鰹の下に鳴門わかめを忍ばせています。

鳴門わかめの特徴は、見た目鮮やかな新緑、風味が豊かで、肉厚な食感と歯触り。
鳴門海峡の渦潮を生むほどの激しい激流により、しなやかさと強いコシがうまれるのです。

P9170630.jpg

淡路産天然鯛の味噌焼き

P9170652.jpg

P9170653.jpg

折敷膳(脚のないお膳)に向付・ご飯・汁椀が並びます。
最初にご飯と汁椀をいただきます。

P9170658.jpg

生麩 松茸卵とじ

P9170664.jpg

一文字の炊き立てご飯

一文字飯とは糊気の多いご飯で、一文字に添えられます。
お客様のために炊いたご飯がたった今炊き上がりましたのでとりあえずお召し上がりくださいという意味。

一汁三菜の後は、八寸。
8寸角の器に盛られた、2種類の肴。

P9170674.jpg

ぜんまいの白和え ししとう焼き浸し

P9170669.jpg

大山鶏と小松菜の炊き合わせ

大山鶏は、鳥取県大山の裾野で恵まれた自然環境のもと、
綺麗な空気と新鮮な地下水を充分に与えられ育れたれた鶏。

脂乗りのバランスのとれた、ジューシーで味のある肉質なのが特徴。

P9170691.jpg

おひつには、ご飯。
ごはんはおかわりができる。

懐石の場合、ご飯を食べ終えた後、湯桶(おこげをはがしたものに、塩少々を溶かした湯)を注ぎ
茶碗を清めますが、こちらはお茶漬けになります。

P9170682.jpg

お茶漬けと香の物。
ホッとするお味。

P9170692.jpg

生菓子は京しぐれ。
大徳寺納豆が入っており、甘しょっぱいお味。

P9170704.jpg

お薄と一緒に。

P9170640.jpg

薄く繊細なグラス。家紋のような模様も美しい。
次は夜に伺います。

●店名:八雲茶寮
●住所:東京都目黒区八雲3-4-7
●電話:03-5731-1631(昼懐石 予約専用)
●営業時間:12:00~15:00(L.O13:00)
●定休日:日曜・祝日
スポンサーサイト

| 日本食 | 07:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都立大学 媒心果



都立大学より住宅街を抜けて歩くこと15分。
食事前の軽い散歩にはちょうどよい距離。

HIGASHIYAで有名なSIMPLICITYが運営する茶寮媒心果
426号線、自由通り沿いの閑静な住宅街にあります。

R0020904.jpg

古い一軒家を改装したお店。
営業は9時から。8時45分に到着し、門が閉まった状態で一枚。

R0020951.jpg

少々早起きして、朝食をいただきに来ました。

R0020952.jpg

立派な門構えを抜け、階段を上がります。

R0020906.jpg

お庭も素敵です。料亭の雰囲気。

R0020908.jpg

建物は持ち帰りできる和菓子とオリジナルの和食器を販売しているお店を中心にして、
左が媒心果右が八雲茶寮

八雲茶寮では昼懐石と夜は紹介制で御食事することができます。

R0020920.jpg

R0020919.jpg

カウンター席と、大きなテーブル席。

R0020911.jpg

先ずは釜燻り茶で一息つきます。
大きな窓からは、お庭を拝見することができます。

窓から観る風景は、まるで自然の絵画のよう。

R0020926.jpg

朝の膳 1,260円(サービス料別途+10%)(9:00~11:00 ※日・祝日は15:00迄)

お粥 又は 白飯(おかわり可)
味噌汁
干物
季節の一品
飯の友

R0020923.jpg

お粥を選びました。
お米は、一般流通していない、長野県の農家さんがご自宅用に栽培しているお米を分けていただいているそう。

R0020924.jpg

海の香り豊かな、岩のりのお味噌汁

R0020929.jpg

干物(メザシ)

R0020925.jpg

ひじきの甘煮、きんぴらごぼう、ちりめん、昆布、きゃらぶき、大徳寺納豆、漬物(キュウリ・大根)

R0020931.jpg

別途甘いものを注文。

夏季限定の昔ながらのかき氷機で削る、きめ細かいかき氷。

抹茶金時 950円

風味豊かな抹茶の味が口の中に広がります。
甘味が無いので、練乳をたっぷりかけて。

R0020936.jpg

練乳はおかわり可。

R0020949.jpg

生菓子もいただきました。(お好みの生菓子 お薄又は通常蒸し茶セット +800円)

御菓子のお名は、「夜水」

R0020915.jpg

都内に居ることを忘れる、ひとときでした。

●店名:媒心果
●住所:東京都目黒区八雲3-4-7
●電話:03-5731-1620
●営業時間:9:00~17:00
●定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日休)

| 日本食 | 23:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都立大学 チャイニーズレストラン わさ

R0020021.jpg

都立大学駅から閑静な住宅街を抜け、歩くこと15分。
マンションの1階、こちらがチャイニーズレストラン わさ

この日は節電中につき、看板の電気が消えており、通り過ぎてしまう佇まい。

アクセス面からも、決して良いロケーションとは云えないが、常連客が押し寄せる人気店。
予約が鉄則。

R0020074.jpg
京番茶 600円/ポット
煙草の吸殻の香りがする京番茶で暫し連れの到着を待つ。

店内はカウンター8席と4人掛けのテーブル席が2席。

カウンター席と厨房との距離は写真の通り。
料理している様子を隠すことなく見ることができる。

オーナーシェフの山下氏は、広東料理「福臨門酒家」6年、
岐阜の名店 四川料理「開化亭」の古田氏の元で2年半修行、
09年に「わさ」をオープン。

四川料理をベースに、仏、伊、和の技術まで取り入れたメニュー。
創作中華か、ヌーヴェルキュイジーヌシノワーズと云ったらよいのでしょうか。

氏が特に大切にしているのが、「旨味は手間、味は引き算」の料理哲学。

R0020026.jpg

帆立と雲丹の揚げ餃子 800円/4個

1口でいただきます。
サクッと噛むと、皮の中から溶けたバターが溢れ、雲丹と帆立の香りが口に中に広がります。

コレは、何かに似ている。
味が一致したのは、越後製菓 味の追及 うにあられ

スナックのような一品。

R0020037.jpg

低温でゆっくり仕上げたよだれ鶏のラー油和え 1,200円

ラー油和えですが、舌に残ったのはカレー風味。
辛さは、舌が痺れるとは異なり、スパイシーでさっぱりと頂ける一品。

R0020047.jpg

ピータン豆腐 わさスペシャル 800円

冷奴の豆腐に賽の目に切ったピータンがトッピングされているイメージをしていたが、
これまたオシャレ。

層のケーキを作るような要領で、セルクル型を使い、
滑らかな豆腐の中に滑らかなピータンペーストを入れ、更に豆腐を流し込む。

豆腐、ピータンペースト、豆腐の層になったデザートのような感じ。

R0020049.jpg

ネギがたくさん入った、ラー油ベースのタレをかけていただきます。

R0020042.jpg

蟹・蟹みそ・ねぎ・生姜の春巻き 
フレッシュマスタード添え

グランドメニューにも、黒板にも書かれていませんでしたが、
「オススメご用意御座います」ということで、注文。

全ての御料理に言えますが、注文を受けてから料理を作り始めます。

春巻きの具(食材)、例えば蟹の身はほぐしてバットに準備されていますが、
春巻きを巻く作業は、仕込みの段階ではしません。

食材を切る、和える、皮で包む、揚げる。これを一気に作ります。

非常に手際がよいです。

注文したお料理のプロセスを見られる訳なので、
視覚から想像が膨らみます。

「この春巻き、蟹そんなに入れますか?」贅沢に入っています。

R0020045.jpg

惜しみない、蟹の身。
これで美味くない訳がない。

R0020060.jpg

とうもろこしのスープ 1,200円

調味料0%。ほぼトウモロコシ100%で勝負。

変わっているのは、トウモロコシを細かくピューレ状にし、絞り、
透明の液体と繊維質とを分けて保存をするところ。

トマトコンソメを作る要領です。

それを注文が入ってから合体させ、最後に生クリームを加え熱を通します。

R0020068.jpg

シンプルチャーハン 1,200円

なんともそそられるネーミング。
自信の程が伺える。

具は、ネギ・卵・ザーサイ。

パラパラ系ではなく、食感は柔らかい、しっとりしているが、軽い。
味付けは、シンプルな塩味。

兎に角バランスがよい。

〆にデザート2品。

R0020071.jpg

ウーロン茶アイス 500円

口の中がさっぱりとします。
トッピングは、ウーロン茶茶葉の素揚げに、砂糖がまぶしてあります。

R0020073.jpg

杏仁豆腐 500円

今まで食した中華とは一味、二味違った驚きがありました。
次は、是非とも岐阜の「開化亭」へ。

●店名:チャイニーズレストラン わさ
●住所:東京都目黒区八雲3-6-22
●電話:03-3718-2232
●営業時間:平日18:00-22:30(L.O.) 土・日・祝 12:00~14:00 / 18:00~22:30
●定休日:水・第1第3木曜

| 中華 | 22:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。