≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀座 鮨 天川

R0013660f

銀座8丁目、新橋駅から5分程歩いたリクルートG8ビルの裏手に
鮨 銀座 天川はあります。

銀座のクラブ街にひっそりと佇むお寿司屋さんですが、
暖簾を潜ると、そこには構えているような空気感はなく、
気を遣わずにお寿司をいただくことができる、心地のよい一軒でした。

入って直ぐが6名程の個室、奥に9席の白木のL字型カウンター。

事前に予約をして伺いましたが、
週末の昼時、9席のカウンターは全て埋まっておりました。

お昼の花コース3,675円を注文しました。

R0013638f

季節の野菜3点盛
葉物と榎のお浸し、炊きごぼうの玉味噌かけ、にらの玉味噌かけ

R0013635f

R0013640f

鮪とろステーキ 特選ソースかけ(玉ねぎやにんにくの風味がきいたソース)

R0013644f

芯まで火が通っておらず、よい塩梅の焼き加減

おませ握り8貫

R0013646f

おまかせのスタートは赤身とトロ。
出だしからトロときましたので一瞬驚きましたが、
脂がたっぷりとのったものではなく、赤身に近い程度でさっぱりしておりスッと入っていきました。

天川では醤油は不要です。
醤油は、握った寿司の上から刷毛で引かれて出てきます。

R0013648f

甘鯛昆布〆、のどぐろ

昆布の旨味がしっかりと上品な味わい。
よい仕事をされていますねのお味です。

舎利は小振りで、硬めの炊き上がり、酢はごく控えめ。

R0013650f

烏賊の握りは、少々変わっており、今まで口にしたことのない食感。

烏賊独特の歯応えとは反して、柔らか。
舎利との一体感。

烏賊は身を薄く3枚に削ぎ、食べ易いように細かく包丁を入れ、
塩を振って酢橘を絞り、卸した酢橘の皮を振りかけています。

R1.jpg

平貝
海苔との相性がバツグンでした。

R0013654f

蛤と筍のお椀

旬を感じる香り。
お椀は、コースの華です。写真はさっと撮らせていただきお熱いうち、美味しい瞬間をいただきます。

R0013655f

握りの〆は、干瓢巻きです。
江戸前の濃いめの味付けで、こちらも醤油は必要ありません。

玉は高野豆腐に近い食感でぎっしりしており、甘みは強すぎず。

店主 星廣幸氏のお店はもう一軒、恵比寿にほしがあります。
よりリーズナブルにお寿司をいただける様です。

次回はそちらで鮨ランチ@恵比寿といきたいと思います。

●店名:銀座 天川
●住所:東京都中央区銀座8-5-19 三幸ビル1F
●電話:03-3572-1633
●営業時間:昼11:30~14:00(L.O) 夜17:30~22:30(L.O) ※土曜のみ21:00
●定休日:日曜、祭日
スポンサーサイト

| 寿司 | 23:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀座 Rose Bakery (ローズベーカリー )DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS(ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン)

R0013117.jpg

3/16 本日銀座6丁目の中央通り沿いに、新しい商業施設『ギンザコマツ』がオープンしました。

ギンザコマツ』は、中央通りに面した東館と、すずらん通りに面した西館の構成で、
4階と7階に東館と西館を結ぶ連絡通路が設けられ、両館の回遊できる設計になっています。

R0013122.jpg
たくさんの報道陣と長蛇の列

メインテナントは、史上最高水準のグローバル旗艦店『UNIQLO GINZA(ユニクロ ギンザ)』と、
DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS
(ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン)』

DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS』は、
デザイナー川久保 玲氏がディレクションするコンセプトストアで、
自社ブランド他、国内外のブランドとの限定コラボアイテムの取扱い販売を行っている。

本日は施設内定員100名と入場制限が設けられており、入るまで一苦労した訳ですが、
中でも多くの来場者のお目当ては『Supreme(シュプリーム)』のリミテッド商品だった様です。

R0013123.jpg

7階の飲食フロアには、ローズベーカリーと小松ストアーが運営を行う会員制のKOMATSUBAR
1階にはあえて看板を出していません。

R0013155.jpg

商業施設の営業は、平日/週末共に11:00オープンですが、
ローズベーカリーは、平日が11:00オープンで、週末は9:00から営業しています。

週末の11時前は、メインドアがクローズしていますが、
隣にあるエレベーターへ上へ直接上ることができるそうです。

R0013161.jpg
白とシルバーを基調とした店内。席数は68

R0013158.jpg

R0013154.jpg

R0013153.jpg

R0013148.jpg
入って中央奥にデリや焼き菓子のショーケースが並ぶ

R0013145.jpg
ショーケースに並んでいるフードはイートインもテイクアウトも可能

R0013146.jpg
ローズベーカリー 一番人気のキャロットケーキ

ニンジン、クルミ、シナモン入りのケーキにクリームチーズをトッピング。
作り置きせず、少しずつ、ひとつひとつ丁寧に作っている。

1号店、2号店には無いメニューをと相談したところ、
High Tea 2,800円をおススメいただきましたので、そちらをオーダー。

因みに、High Tea(ハイ・ティー)とは、云わばAfternoon tea(アウタヌーンティー)のような習慣ですが、
アフタヌーンティーよりも遅い時間(17時~18時)にいただく、本来食事としての意味合いが強い。

そのため、Teaやサンドイッチなど簡素な軽食や菓子類のみならず、
肉料理・魚料理の方が供される献立では、食事が主体で、別名ミート・ティー(Meat tea)とも云われています。

銀座店は、よりイギリスのフードカルチャーを取り入れたメニュー構成で、
サンドイッチ(クラブサンド)やフィッシュ&チップス W/Z タルタルソース、ワッフルなどもあります。

R0013136.jpg
High Tea 2,800円 (ドリンク込み)

幸運にもちょうど来日されていたローズさんが
自らサーブして下さいました。(びっくりして写真は撮れず)

ドリンクは、フレッシュジュースを除くすべてのメニューから選ぶことができます。
オーソドックスにアールグレーをオーダー。

R0013133.jpg

R0013127.jpg

タマゴサンド/クリームチーズとサーモンのサンドイッチ/カボチャとサツマイモとカリフラワーのキッシュ

R0013140.jpg
サックサクの生地

R0013128.jpg

りんごのタルト/フルーツケーキ/ヘーゼルナッツのブラウニー/モアルーマロン/バナナのカップケーキ ベリージャムバタークリーム/フルーツサラダ(コンポート)

R0013141.jpg

R0013131.jpg
特注のアフタヌーンティースタンドとローズベーカリーオリジナルの陶器は、小石原ポタリー

1号店、2号店の渋茶色をした陶器もお食事が映えますが、
こちらも温もりがある温かな器です。(過去の記事

R0013139.jpg
スコーンとクロテッドクリーム、フレッシュライムマーマレードジャム

ローズさんのレシピで作るスコーンは、外側ザイクザク、内側しっとり。

クロテッドクリームとは、生乳の上質な脂肪分だけを集めた無塩バターのようなもの。
イギリスでスコーンを食べるときは、必ずクロテッドクリームとジャムを添えていただきます。

塗り方にも順番があり、スコーンの上にジャムを塗り、その上にクロテッドクリームをたっぷりとのせます。
スコーンを半分に切って中へクリームとジャムをサンドイッチにはさむのはNG。、
ジャムとクロテッドクリームの順番を変えることもまたNGです。

空腹で伺いましたが、これは食べごたえ大。
結局、食べきれず、ケーキを持ち帰り用に包んでいただきました。

2人でシェアするのがちょうどよいかもしれません。

銀座店のモーニングは、9:00~、1,800円。
より本格的なイギリスの朝食がいただけるそうです。
落ち着いた頃にまた訪問したいと思います。

●店名:ローズベーカリー 銀座
●住所:東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館7階
●電話:03-5537-5038
●営業時間:月~金11:00~21:00/土日祝9:00~21:00

| オーガニック | 22:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀座 囃shiya (はやしや)

R9308341.jpg
磯ツブ貝の生姜煮

銀座松屋の2本裏通り、中央通りと昭和通りの間の路地裏にあるKOSEIビル地下1階にある
野菜懐石料理囃shiyaへ行ってきました。

ジャンルは、林流 新和食料理。

素材本来の味を思う存分楽しんでもらいたいという真心
型にとらわれない料理のジャンルを超えた遊び心
日本人に生まれたことの喜びを改めて実感させてくれる和心

3つのエッセンスを料理で表現するのは、オーナーの林シェフ。

メニュー開発、食材の仕入れから食器の選定、加工品製造、人材育成、店舗運営、通信販売まで
トータル的に店舗を開発する、フードプロデューサーとしても活躍されています。

オープンは、2010年3月19日。

裏通りの為、つい見落としてしまう外観。
囃shiyaの赤いのれんが目印です。地下へ続く階段を下り店内へ。

席数は、10席のカウンターと、個室2席の12席。
小ぢんまりとしています。

夜はコース料理と、アラカルト(21:00~)

囃shiyaコース 4,800円
林シェフのおまかせコース 6,000円
特選コース 12,000円

本日は、6,000円のおまかせコースをお願いしました。

R9308347.jpg

焼き茄子のムース/にしんの粕漬け/牛のワイン煮/自家製鶏のレバーペースト/もって菊の酢の物

もって菊とは、エディブルフラワー(食用花)の一種。
正式には延命楽(えんめいらく)という名の品種で、もってのほかもって菊
という愛称で広く知られおり、天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか
もってのほか(思っていたよりもずっと)おいしいというのがその由来です。

R9308353.jpg

お造り
海水ばふんうに/カツオ/ボタンエビに醤油のジュレを付けていただきます。

R9308357.jpg

かすべ(えい)の煮こごり

R9308363.jpg

いぶりがっこクリームチーズカナッペ/茗荷のピクルス

スモークたくあんとクリームチーズはベストマッチです。

ワインが欲しくなり、コースも終盤でしたが、
お料理に合わせた4種類を少しずついただくワインコースをお願いしました。
最初から、こちらをオーダーすればよかったです。

R9308361.jpg
ミュゼ 善光寺竜眼2007(長野県)

R9308368.jpg

牛ほほ肉和風オニオンソース

R9308372.jpg

名物のハヤシライス

R9308371.jpg

かつおダシと野菜ベースで、お肉は入っていませんが、コクがあります。
トマトの酸味がやや強く、さらっと穏やかなお味。
具は、ヤングコーン、ブロッコリー、赤ピーマン、しめじ、たまねぎがたっぷり入っています。

R9308377.jpg

デザートプレートは、キャロットパウンドケーキ/ジェラート/わらび餅のきな粉パウダー黒蜜掛け/オレンジ/生チョコ

最後にコーヒーをいただきました。


●店名:囃shiya (はやしや)
●住所:東京都中央区銀座3-8-13 KŌSEI BLD. B1F
●電話:03-3535-2227
●営業時間:11:30~14:00 17:00~23:00(L.O22:00)
●定休日:日曜・祝日

| 創作料理 | 23:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀座 ジャッジョーロ銀座 (GIAG GIOLO GINZA)

R0017617.jpg

ジャッジョーロ銀座へ行ってきました。

態々新幹線で京都まで食べに行くリストランテ
サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア 京都と同じ

サンタ・マリア・ノヴェッラの思想を基にしたリストランテが銀座にあったのです。

何故今までカバーしていなかったのか…

銀座7丁目、ビルの地下1階。
階段を下りると、お香のよい香りが漂い、これからスパへ行く気分に。

深呼吸、リラックス

R0017618.jpg
エントランス

アジアンテイストな置物とポプリ。
これから食事をする場所に入るエントランスから、素敵な演出。

心の中で今日もお疲れさま

このエントランスは、ざわざついた心を吐き出し、気持ちが切替空間。

今宵のディナーを楽しむといたしましょう。

R0017621.jpg

一番奥の席へ通して下さったが、やはりカウンターで調理するところを見ながら
いただきたい。

ということで、調理風景を間近で見られるカウンターへ移動し、スプマンテで乾杯。

R0017628.jpg

スナック感覚でどうぞ。

テグレ(イタリア語で瓦という意味)
薄く伸ばした生地の上に、粉チーズをふるってパリパリに焼いたもの。

今宵は、前菜・パスタ・メインのテイスティングコース6,300円をオーダー。
コース料理に含まれるメニューは、すべてアラカルトで注文可能。

ゲストのメニューブックに、プライスが記載されていない気遣いも有り難い。

2人で行って、同じコース、別々のメニューをシェアすることに。
この方法が一番色々なメニューを楽しむことができる。

R0017626.jpg

新じゃがいも・新たまねぎのスープ

R0017642.jpg

前菜1

ジャッジョーロ名物 15種類のハーブサラダ(2,400円)
+300円 トッピングにパルマ産2か月熟成プロシュート

ハーブサラダは、ベリー、チーズなどのトッピングをお好みで。

R0017637.jpg

このサラダ、15種類のハーブとザクロ、ベリーがトッピングされています。
ハーブは味を損ねないため、包丁を使用せず、注文してから手で千切ります。
スタンバイもなし。

見るからにヘルシーなサラダ。
作り方がとっても丁寧。だから調理しているところを見ていたい。

R0017635.jpg

前菜2

アボカトとフルーツ イワシのコンビネーション ヨーグルトとニンニクのソース(2,000円)

R0017647.jpg

全体画像

R0017660.jpg

パスタ1

黒コショウと唐辛子のタリアテッレ 甲イカとアサリのソース(60g/2,200円 90g/3,300円)

R0017671.jpg

黒コショウと唐辛子を練りこんだ麺に、アサリの潮の風味がして、これは美味しい。
ほっぺたが落ちる。

括弧内は単品で注文した場合の価格です。

コレは絶品!!

R0017692.jpg

パスタ2

ポテトのニョッキゴルゴンゾーラソース
栗ハチミツと共に (60g/1,800円 90g/2,700円)

ゴルゴンゾーラとハチミツ。黄金の相性です。
味はお察しの通り。

食感がよい。

塩気のある口の中が、マイルドになりました。

R0017658.jpg
とにかく仕事が丁寧。

サンタ・マリア・ノヴェッラは、世界最古の薬局。

今から約800年前、フィレンツェにあるサンタ・マリア・ノヴェッラ修道院に務めるドミニコ会の修道僧が
自ら栽培した薬草、花を使い薬剤を調合したのが、世界で一番古い薬局の始まりと言われています。

ジャッジョーロ銀座は、素材本来の味を重んじ潔い美味しさを追及する伝統的なトスカーナ料理、
フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラのハーブという自然の香りや薬効の力を取り入れた
自然治癒・予防学という思想を基にしたリストランテ。

野菜、魚、肉などの食材は、鮮度だけではなく栽培法、産地にこだわった安全性の高い食材を、
素材にストレスを与えないシンプルな調理法で提供しています。

R0017678.jpg

自家製フォカッチャ

R0017696.jpg

メイン1

大分産天然真鯛のハーブ蒸し ジャッジョーロ風 (3,300円)

ストウブで蒸し焼きに。
あらでとったお出汁がよく出ています。

R0017704.jpg

調味料はお塩とハーブ。
シンプルこそ、美味しい。

素材がよいもであったこそ。

R0017706.jpg

メイン2

ラムチョップ (単品メニューになし)

R0017707.jpg

調度いい塩梅の焼き具合。

R0017710.jpg

つぶつぶマスタードをつけていただきます。
不思議な食感。
プッチプッチしています。

R0017717.jpg

このつぶマスタードは6丁目にある、ティーサロン
ジャッジョーロ ハーブハウスで購入可能。

コースには含まれていませんが、別途デザートを注文。

R0017724.jpg
銀座店オススメのチーズケーキ 生姜ジェラート添え

こういう時は、お店の方に委ねるものです。

虜になりました、このチーズケーキ。

なんとも云えない食感。硬すぎず、柔らかすぎず。
チーズの重たさがなく、スイスイスプーンが進みます。

京都店ではセミフレットがオススメです。

だから、セミフレットがメニューになくてショックだったのですが、
銀座店では、これがマストです。

最後にハーブティーを

R0017718.jpg

こちらの瓶の中から選びます。

効能が書かれている表がありましたが、香りを嗅いで、今日の自分が求めているフィーリングでチョイス

R0017720.jpg

選んだのは、Aguru (効能は忘れましたが、よい香り)

R0017735.jpg

ジノリのカップアンドソーサーで

R0017737.jpg

自家製の焼き菓子

食べて身体が軽くなる食事。
中から美しく。


●店名:ジャッジョーロ銀座 (GIAG GIOLO GINZA)
●住所:東京都中央区銀座7-10-5 デュープレックス 銀座タワー7/10 B1F
●電話:03-5537-2233
●営業時間:12:00~13:30(L.O.) 18:00~21:00(L.O.)
●定休日:日曜・祝日

| イタリアン | 22:17 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀座 HIGASHIYA GINZA (ヒガシヤ ギンザ)

R0016247.jpg

銀座ポーラビル2階にあるHIGASHIYA GINZAへ行ってきました。

エレベーターを降りると、先ず現れるのが季節感にあふれたディスプレイ。

入って直ぐに、
独自ブランド「Sゝゝ」の陶器や茶道具が販売されています。

ショウケースには、和菓子が並べられ、食べ物というよりは
オブジェのような美しい佇まい。

菓子売り場を奥に進むと、広々とした空間にゆったりと席が配された「茶房」があります。

コンセプトは、「日本のティーサロン」

R0016206.jpg

白い壁、白木のテーブル、椅子、
宙吹きと呼ばれる手法で制作されたむき出しの電球のような照明、
格子をモチーフにした間仕切り。

余計なものがなく、削ぎ落としたシンプルで洗練された空間。

RIMG5946.jpg

床はコンクリートだが、凸凹があり、畳のよう。
冷たい印象は全くない。

注目したいのがトイレ

いきなりトイレ?と思いますが、素敵なのです。

R0016236.jpg

水道の蛇口はありません。
用を足して出てくると、センサーで洗い場の水が流れます。

御手拭タオルが備え付けられている。

R0016238.jpg

HIGASHIYAのデザイン、ショップを運営しているのは、
SIMPLICITYクリエイティブディレクター緒方慎一郎氏。

緒方氏の考え方、作品、大好きなクリエイターの一人。詳しくは、「和のデザイン、和のおもてなし

HIGASHIYA GINZAについて、

表現したかったのは、和粋凜とした空気感。
渋いけれど落ち着く、モダンだけれど窮屈ではない空気。

シンプルなゆえに、一つ一つの存在感が際立ってくる。
何か訴えかけるものがある。

そういった作品をつくりたいと。
これから年を重ね、より奥深い表現、作品をつくることがわたしの目指すところです。

今日はこちらで、アフタヌーンティをいただきます。



アフタヌーンティーセット 1800円

(一の皿)季節のごはんもの・香の物
(二の皿)和菓子いろいろ
(お茶) 普通蒸し煎茶、深蒸し煎茶、釜炒り番茶、紅茶、スパークリングワイン

+300円で飲み物を御品書きから選ぶことができます。

ディテールと参ります。

R0016209.jpg

大村寿司

大村寿司とは、長崎県大村市に伝わる郷土料理。

もろぶた(木製の長方形の箱)に炊きたてのご飯を広げ、
その上に大村湾で獲れた白身魚の切り身、野菜のみじん切りなどを広げ、
ご飯を広げサンドウィッチ状にして軽く押さえてもの。

R0016212.jpg

香の物

R0016207.jpg

白和え

R0016216.jpg

豆大福、うぐいす餅

甘さ控えめで上品な味わい。

R0016217.jpg

伝統的な五三焼きの製法で丹念に焼き上げた特製カステラ。

卵は口笑卵を使用。卵黄を多めに、5:3の配合。
普通のカステラよりも黄色が濃い。

麦芽糖水あめを使用し、ねっとりしているがふっくら、
口に入れた時に、しゃりっとしたザラメの感覚が残る。

R0016222.jpg

濃茶羊羹
抹茶を贅沢に使用した独特の配合。
甘さ控さを抑え、風味が豊か。

椰子の実羊羹
椰子の実がシャリシャリした食感。
コーヒーにもよくあう。

R0016224.jpg

ひと口菓子
さまざまな素材の餡をベースに、果実や木の実を組み合わせたひと口サイズの菓子

牡丹鼠(ぼたんねず)」「薄香(うすこう)」など、商品名は、美しい日本語の色名が付されている。

こちらは榛(はしばみ)
榛とはヘーゼルナッツです。ほろ苦い餡にヘーゼルナッツが包まれています。

茶菓子と言えば、砂糖がまだ無い時代、古くは木の実でした。

R0016219.jpg

蜜まめ

R0016204.jpg

口の中が甘くなり、御菓子が食べ終わった頃に御茶をいただきます。

+300円で御品書きから飲み物を注文。

HIGASHIYA ハーブブレンド (単品では950円)

(活)身体を温める生姜と、香ばしい焙じ茶と合わせたミントを加えて
味をすっきりさせた新陳代謝を高め疲労回復に効果的

オリジナルの酒燗器で。

薄茶を注文すると、立礼でお茶をたてて下さいます。

御茶以外にも、昼と夜に「季節膳」「昼食膳」、簡単な懐石をいただくことができる。

和菓子を肴にお酒をいただくのも粋。


広島オリエンタルギャラリーにて
Simplicity in Form 進化する日本のかたち/SIMPLICITY 緒方慎一郎の仕事』展を開催中
4/19(火)迄


●店名:HIGASHIYA GINZA (ヒガシヤ ギンザ)
●住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 2F
●電話:03-3538-3230
●営業時間:販売11:00~20:00 茶房:11:00~20:00(L.O19:00)
                昼食:11:00~15:00 アフタヌーンティー:15:00~19:00
●定休日:年中無休(年末年始を除く)

| カフェ | 08:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。