| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

横浜 東京北浜

北浜3

東京北浜は、横浜駅の駅ビル、相鉄ジョイナス地下1階にあります。
昭和の雰囲気が漂う、Cafe壹番館の丁度真向いです。(過去の記事

お店のHPによると、本店は東京日本橋人形町。創業は昭和7年。
東京日本橋は、兜町に東京証券取引所、蛎殻町に東京穀物商品取引所、本石町に日本銀行本店を有する金融の中心街。
屋号の「北浜」は、創業者の「北迫兎吉」が単身鹿児島から上坂し関西で修行を積んだ後、
関西料理を東京に広めるべく人形町に店を構え、大阪の金融中心地「北浜」から屋号を定めた様です。

暖簾にある人形町北浜の家紋と東京北浜の家紋が異なるところが気になりますが、
それは次に訪問したときの確認課題として、
ちらりと見えるのが女将さんです。いつもお着物を着ていらっしゃいます。

店内は、昭和を感じさせる和の雰囲気。
ホールは年配の方が多く、なんとも落ち着いた接客で安心感があります。

季節のオススメ、寒ぶり照り焼き定食1,380円
牡蠣フライ定食1,150円を注文しました。

10分くらい待って美味しそうな御膳が運ばれ、

「お待たせしました。どうぞゆっくり召・し・上・が・れ」
と云われて思わず笑み、和みました。

北浜1

北浜6

北浜5

北浜4

お1人様の常連客も多いようです。
隣の席の男性が瓶ビールを注文すると、1杯目は慣れた手つきでお店の方がお酌。
それを男性客も自然に受けていました。

静かというわけではありませんが、なんとも和む空気感の漂う北浜でした。

●店名:東京北浜
●住所:横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナスB1F
●電話:045-311-5408
●営業時間:11:00~22:30(L.O.22:00)
●定休日:ジョイナス休館日に準じる
スポンサーサイト

| 日本食 | 21:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都立大 八雲茶寮



お茶を炭酸水で割った飲み物(ノンアルコール)で乾いた喉を潤します。

媒心果と同じ敷地内になる八雲茶寮へ昼懐石を頂きにきました。

場所は、都立大学より住宅街を抜けて歩くこと15分。
426号線、自由通り沿いの閑静な住宅街にあります。(過去の記事
運営は、HIGASHIYAで有名なSIMPLICITYです。

昼懐石は、正午より午後3時迄。(午後1時ラストオーダー)
メニューは、前菜/お作り/焼き物/汁椀/和え物/焚き物/ご飯/香の物/生菓子/お薄の5000円コースのみ。

P9170611.jpg

鱧の銀杏餡醤油

P9170623.jpg

和歌山産戻り鰹 ポン酢ジュレ 白ネギ
鰹の下に鳴門わかめを忍ばせています。

鳴門わかめの特徴は、見た目鮮やかな新緑、風味が豊かで、肉厚な食感と歯触り。
鳴門海峡の渦潮を生むほどの激しい激流により、しなやかさと強いコシがうまれるのです。

P9170630.jpg

淡路産天然鯛の味噌焼き

P9170652.jpg

P9170653.jpg

折敷膳(脚のないお膳)に向付・ご飯・汁椀が並びます。
最初にご飯と汁椀をいただきます。

P9170658.jpg

生麩 松茸卵とじ

P9170664.jpg

一文字の炊き立てご飯

一文字飯とは糊気の多いご飯で、一文字に添えられます。
お客様のために炊いたご飯がたった今炊き上がりましたのでとりあえずお召し上がりくださいという意味。

一汁三菜の後は、八寸。
8寸角の器に盛られた、2種類の肴。

P9170674.jpg

ぜんまいの白和え ししとう焼き浸し

P9170669.jpg

大山鶏と小松菜の炊き合わせ

大山鶏は、鳥取県大山の裾野で恵まれた自然環境のもと、
綺麗な空気と新鮮な地下水を充分に与えられ育れたれた鶏。

脂乗りのバランスのとれた、ジューシーで味のある肉質なのが特徴。

P9170691.jpg

おひつには、ご飯。
ごはんはおかわりができる。

懐石の場合、ご飯を食べ終えた後、湯桶(おこげをはがしたものに、塩少々を溶かした湯)を注ぎ
茶碗を清めますが、こちらはお茶漬けになります。

P9170682.jpg

お茶漬けと香の物。
ホッとするお味。

P9170692.jpg

生菓子は京しぐれ。
大徳寺納豆が入っており、甘しょっぱいお味。

P9170704.jpg

お薄と一緒に。

P9170640.jpg

薄く繊細なグラス。家紋のような模様も美しい。
次は夜に伺います。

●店名:八雲茶寮
●住所:東京都目黒区八雲3-4-7
●電話:03-5731-1631(昼懐石 予約専用)
●営業時間:12:00~15:00(L.O13:00)
●定休日:日曜・祝日

| 日本食 | 07:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都立大学 媒心果



都立大学より住宅街を抜けて歩くこと15分。
食事前の軽い散歩にはちょうどよい距離。

HIGASHIYAで有名なSIMPLICITYが運営する茶寮媒心果
426号線、自由通り沿いの閑静な住宅街にあります。

R0020904.jpg

古い一軒家を改装したお店。
営業は9時から。8時45分に到着し、門が閉まった状態で一枚。

R0020951.jpg

少々早起きして、朝食をいただきに来ました。

R0020952.jpg

立派な門構えを抜け、階段を上がります。

R0020906.jpg

お庭も素敵です。料亭の雰囲気。

R0020908.jpg

建物は持ち帰りできる和菓子とオリジナルの和食器を販売しているお店を中心にして、
左が媒心果右が八雲茶寮

八雲茶寮では昼懐石と夜は紹介制で御食事することができます。

R0020920.jpg

R0020919.jpg

カウンター席と、大きなテーブル席。

R0020911.jpg

先ずは釜燻り茶で一息つきます。
大きな窓からは、お庭を拝見することができます。

窓から観る風景は、まるで自然の絵画のよう。

R0020926.jpg

朝の膳 1,260円(サービス料別途+10%)(9:00~11:00 ※日・祝日は15:00迄)

お粥 又は 白飯(おかわり可)
味噌汁
干物
季節の一品
飯の友

R0020923.jpg

お粥を選びました。
お米は、一般流通していない、長野県の農家さんがご自宅用に栽培しているお米を分けていただいているそう。

R0020924.jpg

海の香り豊かな、岩のりのお味噌汁

R0020929.jpg

干物(メザシ)

R0020925.jpg

ひじきの甘煮、きんぴらごぼう、ちりめん、昆布、きゃらぶき、大徳寺納豆、漬物(キュウリ・大根)

R0020931.jpg

別途甘いものを注文。

夏季限定の昔ながらのかき氷機で削る、きめ細かいかき氷。

抹茶金時 950円

風味豊かな抹茶の味が口の中に広がります。
甘味が無いので、練乳をたっぷりかけて。

R0020936.jpg

練乳はおかわり可。

R0020949.jpg

生菓子もいただきました。(お好みの生菓子 お薄又は通常蒸し茶セット +800円)

御菓子のお名は、「夜水」

R0020915.jpg

都内に居ることを忘れる、ひとときでした。

●店名:媒心果
●住所:東京都目黒区八雲3-4-7
●電話:03-5731-1620
●営業時間:9:00~17:00
●定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日休)

| 日本食 | 23:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

渋谷 One Garden (ワンガーデン)



渋谷駅西口を出て、桜ヶ丘町へ歩くこと5分。
スクランブル交差点の雑踏、若者の街渋谷とは思えない程、そこには閑静な住宅街が続く。
渋谷インフォスタワーの隣にあるのがワンガーデン

コンセプトは、アンチエイジングを意識した和食レストラン。
契約農家さんから直送で仕入れた有機野菜、鮮度に拘った魚介類など、
拘り抜いた旬の食材を使った、四季折々のお食事を楽しむことができる。

屋号の由来は、OneGarden(ワンガーデン)=あなたの庭。
ゆとりの寛ぎ空間で、ゆっくりとお過ごしくださいという意味。

夜は、アラカルトとコース。
コースは3種類。

6,200円/7,200円/8,300円

庭コース6,200円をお願いした。

R0020455.jpg

先付
金時草のお浸し もずく酢 かつおつみれ

R0020454.jpg

加賀野菜 金時草(キンジソウ)
葉の裏が紫色をしており、茹でると独特の粘りが出る。
わかめのような、シャキシャキした食感と、モロヘイヤのような粘り。

かつおのつみれを一口 口に入れた瞬間、
日本酒がほしくなり、好みの辛口を。

R0020457.jpg

越前岬 特選吟醸 大夢 1,250円/合

すっきり淡麗

R0020462.jpg

前菜
福井県産甘口豆腐コラーゲン入

R0020467.jpg

御造り
本鮪 伊佐木 真鯛

R0020468.jpg
芋茎(ずいき)で作られたうちわの飾り

ワンガーデンの楽しみの一つが、御造りに添えてある飾り。
渋谷で、ちょっと落ち着いて食事をしたいときに訪れるワンガーデン

以前梅雨の時期に伺ったとき、御造りにカエルの飾りが添えてあり、
以降、予約の際「御造りに何か楽しいのを」とお願いしている。

R0020469.jpg

厚さ約8㎝はある氷の土台。
このまま、かき氷でいただきたいが…こういう演出が外食の贅沢だろう。

R0020476.jpg

焼き物
秋田産黒毛和牛の一口ステーキ

添えてある、ワサビがピリッと旨い。
これをつまみに、日本酒がススム。

R0020485.jpg

口休め
フルーツトマト かつおのジュレ

R0020488.jpg

進肴
さごち 涼味野菜の焼き浸し

R0020500.jpg

食事
すっぽん雑炊

お米は、福井県減農薬・無化学肥料栽培米コシヒカリを直接農家さんより取り寄せ。

R0020511.jpg

甘味
抹茶プリン

●店名:OneGarden (ワンガーデン)
●住所:東京都渋谷区桜丘町20-12 ル・カルティエ桜丘 1F
●電話:03-3780-0880
●営業時間:月~金11:30~14:00 18:00~23:00(L.O22:00) 土・祝18:00~23:00(L.O22:00)
●定休日:日曜日

| 日本食 | 23:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

関内 御料理 梅田



馬車道、弁天通り。
和風モダンの佇まいにそそられ以前より気になっていた梅田

1階は、器ギャラリー卯甲
(梅田では、こちらのお店で取扱いのある作家の器なども多く使われている。)

暖簾をくぐり2階へ。

R0020221.jpg

店内は3つの部屋に別れており、カウンター席、個室、一番奥がメイン。
4人掛けのテーブルが3席。

アラカルトもあるが、おまかせ8,400円をお願いした。

R0020225.jpg

R0020230.jpg
長芋冷やし茶碗蒸し

冷たい茶碗蒸し。じゅんさいが夏を感じさせてくれる。

R0020235.jpg
生春巻き

和からエスニックへ。
和食を食べに来たつもりでいたが、まさかのエスニック。

梅田のコンセプトは『横浜料理』
異国情緒漂う、横浜の、和洋折衷料理だ。

R0020238.jpg
渡り蟹スープ仕立て 金針菜の芽 茗荷のお椀

R0020246.jpg

中に入っていたのは葛の麺。
冷麺のような弾力感。

R0020256.jpg
御造り(石カレイ、水たこ、えんがわ、鱧、めじマグロ)

R0020253.jpg

旬のご馳走、鱧。

R0020264.jpg
太刀魚のレモン焼き 桃のソース トウモロコシ豆腐添え

珍しい桃のソース。
レモンの酸味と自然の甘みが合う。

R0020266.jpg
海老、茄子、オクラの冷やし鉢 生ハムクリームチーズソース和え

生ハムとクリームチーズをフードプロセッサーに掛けてソースにした。
コレは、是非真似したい。
生ハム×クリームチーズは絶対合うコンビだが、それをソースにしてしまうアイディアが斬新。
生ハムのコクが出て、深みがあるソースに仕上がっている。

R0020272.jpg
胡瓜のジュレ、グレープフルーツ、〆いわし

R0020270.jpg

食事の終盤に、すりおろした胡瓜の食感、砂糖酢の酸味と甘み。
口の中をさっぱりとさせてくれた。

R0020280.jpg
〆の御飯、味噌汁、香の物。

R0020285.jpg
バニラアイスクリーム

R0020289.jpg
ブルーベリーの金平糖

巻貝の形をした中に蟹の模様。
可愛いらしい小さな小鉢。

静かな空間で、ゆっくりとお食事をする。
一日の終わりに、心穏やかにしてくれる時間。
明日の活力。

その後、カサブランカへ(過去の記事

●店名:御料理 梅田
●住所:横浜市中区弁天通4-52
●電話:045-651-9184
●営業時間:11:30~15:00 17:30~23:00
●定休日:日曜・祝日 

| 日本食 | 16:19 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。