| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀座 鮨 天川

R0013660f

銀座8丁目、新橋駅から5分程歩いたリクルートG8ビルの裏手に
鮨 銀座 天川はあります。

銀座のクラブ街にひっそりと佇むお寿司屋さんですが、
暖簾を潜ると、そこには構えているような空気感はなく、
気を遣わずにお寿司をいただくことができる、心地のよい一軒でした。

入って直ぐが6名程の個室、奥に9席の白木のL字型カウンター。

事前に予約をして伺いましたが、
週末の昼時、9席のカウンターは全て埋まっておりました。

お昼の花コース3,675円を注文しました。

R0013638f

季節の野菜3点盛
葉物と榎のお浸し、炊きごぼうの玉味噌かけ、にらの玉味噌かけ

R0013635f

R0013640f

鮪とろステーキ 特選ソースかけ(玉ねぎやにんにくの風味がきいたソース)

R0013644f

芯まで火が通っておらず、よい塩梅の焼き加減

おませ握り8貫

R0013646f

おまかせのスタートは赤身とトロ。
出だしからトロときましたので一瞬驚きましたが、
脂がたっぷりとのったものではなく、赤身に近い程度でさっぱりしておりスッと入っていきました。

天川では醤油は不要です。
醤油は、握った寿司の上から刷毛で引かれて出てきます。

R0013648f

甘鯛昆布〆、のどぐろ

昆布の旨味がしっかりと上品な味わい。
よい仕事をされていますねのお味です。

舎利は小振りで、硬めの炊き上がり、酢はごく控えめ。

R0013650f

烏賊の握りは、少々変わっており、今まで口にしたことのない食感。

烏賊独特の歯応えとは反して、柔らか。
舎利との一体感。

烏賊は身を薄く3枚に削ぎ、食べ易いように細かく包丁を入れ、
塩を振って酢橘を絞り、卸した酢橘の皮を振りかけています。

R1.jpg

平貝
海苔との相性がバツグンでした。

R0013654f

蛤と筍のお椀

旬を感じる香り。
お椀は、コースの華です。写真はさっと撮らせていただきお熱いうち、美味しい瞬間をいただきます。

R0013655f

握りの〆は、干瓢巻きです。
江戸前の濃いめの味付けで、こちらも醤油は必要ありません。

玉は高野豆腐に近い食感でぎっしりしており、甘みは強すぎず。

店主 星廣幸氏のお店はもう一軒、恵比寿にほしがあります。
よりリーズナブルにお寿司をいただける様です。

次回はそちらで鮨ランチ@恵比寿といきたいと思います。

●店名:銀座 天川
●住所:東京都中央区銀座8-5-19 三幸ビル1F
●電話:03-3572-1633
●営業時間:昼11:30~14:00(L.O) 夜17:30~22:30(L.O) ※土曜のみ21:00
●定休日:日曜、祭日
スポンサーサイト

| 寿司 | 23:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神恵内 勝栄鮨



神恵内の勝栄さんと云えば有名なお寿司屋さん。
銀座の高級寿司店も好きですが、ここがマイNo.1寿司店です。
北海道訪問時は、絶対立ち寄りたい処。

開店前に到着しなければ、相当待つことになります。
その証拠に、お店の前には入店を待つ車の列。

R9307912.jpg

ようやく入店して、そこからまた待ちます。
1時間とか2時間。それぐらいです。

というのも、お寿司を握っているのは、ご主人一人。
奥さんと二人で切り盛りしています。
お客さんが途切れることなく待っていますから、追いつかないのです。

R9307913.jpg

生ちらし(上) 2200円

R9307925.jpg

来ました!
寿司おまかせ(12貫)3000円

中トロ、ヒラメ、ホッキ貝、ホタテ、イカ、ボタンエビ、アワビ、ハマチ

R9307918.jpg

こんなに肉厚なのです帆立貝が。
食べ応え満点。
思わず顔が綻びます。

R9307920.jpg

新鮮なホッキ貝

R9307931.jpg

美しいアワビ
歯ごたえが素晴らしい。

R9307921.jpg

ハマチの艶。

大満足です。
幸せです。

内地でこれだけのものを食べたら数万円は下らないでしょう。
鮮度も抜群です。

残念ながら時期が過ぎているため食べられませんでしが、
勝栄さんのウニ丼には仰天します。ウニが惜しげもなく、メガ盛りです。
ウニがいただけるのは、6月中旬~8月中旬迄。

●店名:勝栄鮨
●住所:北海道古宇郡神恵内村大字神恵内636-5
●電話:0135-76-5841
●営業時間:11:00~19:00(ネタがなくなり次第閉店)
●定休日:月曜日(祝日の場合は営業)

| 寿司 | 07:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北川 もり川

R9307454.jpg

地下鉄 北川駅から徒歩10分。
上賀茂の住宅地に佇む一軒。

アクセスは決してよいとは云えないが、ひっそりと佇む
少々わかり辛い立地もまたそそられる。

店主は、京都の名店「松鮨」で18年間修業した実力の持ち主。
シンプルに素材本来の味を引き出すことを心掛けているとのこと。

暖簾を潜り、中へ入る。
店内はカウンター10席のみ。

R9307429.jpg
付き出し
鱧玉子/穴子の湯葉巻/いちじく生ハム

これは、冷酒。
オススメの立山を冷酒で。

昼間から寿司屋でつまみ、お酒、〆の寿司。
最高に贅沢なひととき。

ここへ来るため、暫くお鮨を断ってきた。
久し振りのお鮨。

先ずはつまみを。

R9307433.jpg

明石の蛸のやわらか煮

R9307436.jpg

鱧おとし

R9307437.jpg

鯵の山葵和え
〆鯵、大葉、山葵を和えたもの

口数少なく、淡々と手を動かす、ご主人。
お一人で切り盛りされておられる様ですが、とにかくその手際の良さに見とれてしまいました。

お昼の握りおまかせ 2,800円

R9307441.jpg

R9307444.jpg

平貝/〆鱚/ウニ/穴子/鯛/鮪(中トロ)/イカ/とり貝

R9307448.jpg

甘鯛とキュウリの巻物を〆の〆に握っていただきました。
新鮮なネタを使った握りは300円~。

本日の合計10100円でした。

夏は賀茂なすの握り、冬は千枚漬の握りと「松鮨」の名物も味わうこともできるそう。
態々来た甲斐がありました。
また訪れたい。

●店名:もり川
●住所:京都府京都市北区上賀茂池端町23-2
●電話:075-712-1297
●営業時間:12:00~14:00 17:00~22:00
●定休日:日曜日

| 寿司 | 07:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横浜市場 さがみや



今年のクリスマスは、さがみやでお寿司をたらふく食べるナイト

さがみやは横浜中央卸売市場内にある。
市場は関係者以外入れない雰囲気だが、警備員のいる門をなんなくスルーして入ることができる。

駅からやや遠いため、横浜駅か神奈川駅からタクシーで行くのが現実的。

横浜駅からタクシーで10分。
予約した19:30ジャストに到着。
15席あるカウンターは既に予約客で満席だった。

1084.jpg
先付

1086.jpg
お刺身の盛り合わせ
さすが、市場内だけあって鮮度がよい。

1094.jpg
生牡蠣

1095.jpg
白子ポン酢

1101.jpg
焼きほっき貝

1119.jpg
ねぎ鮪

そろそろ寿司にいきますか。

さがみやの特徴は、ハケで醤油を塗って食べるところ。
これは、市場開業当時から忙しい仲、買人達が、短時間で食べられる工夫。

1カンから注文可能です。

1099.jpg
つまみで、たまごを
平目、いかは、塩で

1107.jpg
えび、子持ちこんぶ

1112.jpg
〆サバ

1111.jpg
うに

1114.jpg
あなご

1128.jpg
赤貝ひもきゅうり巻

1131.jpg
鉄火

1122.jpg
生のりのお味噌汁(おかわり可)

一生懸命撮影していたら、お手製のレフ版を貸してくださいました。
が、満席のカウンターだったためレフ版なしで撮影。

次回お借りさせていただきます。
ありがとうございました。

●店名:さがみや
●電話:045-453-0166
●営業時間:7:00~22:00(月~土曜日) 11:30~21:00(日曜日)

| 寿司 | 00:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。