PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀座 鮨 天川

R0013660f

銀座8丁目、新橋駅から5分程歩いたリクルートG8ビルの裏手に
鮨 銀座 天川はあります。

銀座のクラブ街にひっそりと佇むお寿司屋さんですが、
暖簾を潜ると、そこには構えているような空気感はなく、
気を遣わずにお寿司をいただくことができる、心地のよい一軒でした。

入って直ぐが6名程の個室、奥に9席の白木のL字型カウンター。

事前に予約をして伺いましたが、
週末の昼時、9席のカウンターは全て埋まっておりました。

お昼の花コース3,675円を注文しました。

R0013638f

季節の野菜3点盛
葉物と榎のお浸し、炊きごぼうの玉味噌かけ、にらの玉味噌かけ

R0013635f

R0013640f

鮪とろステーキ 特選ソースかけ(玉ねぎやにんにくの風味がきいたソース)

R0013644f

芯まで火が通っておらず、よい塩梅の焼き加減

おませ握り8貫

R0013646f

おまかせのスタートは赤身とトロ。
出だしからトロときましたので一瞬驚きましたが、
脂がたっぷりとのったものではなく、赤身に近い程度でさっぱりしておりスッと入っていきました。

天川では醤油は不要です。
醤油は、握った寿司の上から刷毛で引かれて出てきます。

R0013648f

甘鯛昆布〆、のどぐろ

昆布の旨味がしっかりと上品な味わい。
よい仕事をされていますねのお味です。

舎利は小振りで、硬めの炊き上がり、酢はごく控えめ。

R0013650f

烏賊の握りは、少々変わっており、今まで口にしたことのない食感。

烏賊独特の歯応えとは反して、柔らか。
舎利との一体感。

烏賊は身を薄く3枚に削ぎ、食べ易いように細かく包丁を入れ、
塩を振って酢橘を絞り、卸した酢橘の皮を振りかけています。

R1.jpg

平貝
海苔との相性がバツグンでした。

R0013654f

蛤と筍のお椀

旬を感じる香り。
お椀は、コースの華です。写真はさっと撮らせていただきお熱いうち、美味しい瞬間をいただきます。

R0013655f

握りの〆は、干瓢巻きです。
江戸前の濃いめの味付けで、こちらも醤油は必要ありません。

玉は高野豆腐に近い食感でぎっしりしており、甘みは強すぎず。

店主 星廣幸氏のお店はもう一軒、恵比寿にほしがあります。
よりリーズナブルにお寿司をいただける様です。

次回はそちらで鮨ランチ@恵比寿といきたいと思います。

●店名:銀座 天川
●住所:東京都中央区銀座8-5-19 三幸ビル1F
●電話:03-3572-1633
●営業時間:昼11:30~14:00(L.O) 夜17:30~22:30(L.O) ※土曜のみ21:00
●定休日:日曜、祭日

| 寿司 | 23:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://freedomsunshine.blog114.fc2.com/tb.php/219-46c98a93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。