PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

丸の内 Rose Bakery (ローズ・ベーカリー)



パリで人気のオーガニック野菜を使用したデリ
Rose Bakery(ローズ・ベーカリー)の日本一号店が丸の内 明治安田生命ビル1Fにオープン。

ローズ・ベーカリーは、2002年パリにオープンし、
現在ではパリ市内に3店舗、ロンドン、ソウル、ここ日本が6店舗目となる。

国内の運営はアールアンドケーフードサービス㈱が手掛ける。

お店の名前は、オーナーのMrs.Rose Carrarini (ローズ・カラリーニさん)の名前から。
ローズベーカリー≒ローズさんによるカフェです。

店舗がComme des Garçonsのショップ内にあるのは、
Comme des Garçonsのデザイナーであり代表の川久保玲さんの義理の妹。

店舗デザインは川久保玲さんによるもの。
洗練されたスタイリッシュな印象。

ちなみに、お料理はもちろんのこと、
パリで流行っている理由に、イギリスのテイストが逆にパリでは新鮮でオシャレなんですって。

さて、料理に移ります・・・

R0015702.jpg

フレッシュジュース(アップル、キャロット、ジンジャー)900円

注文を受けてから作ります。
写真では伝わりにくいですが、このジュースはメガサイズです。

おおよそ300ml~350ml。
これだけでも十分お腹いっぱいになります。(普通の人の胃袋の場合ですが…)

ジュースは、常温のお野菜を絞ったもので、冷え冷えジュースではありません。
オーガニック人参の甘みが強く、とってもフレッシュ。

900円、凝縮された贅沢なジュースです。

R0015635.jpg

パン&バター。

14時までのランチタイムに限って、お食事を注文するとノーチャージでいただけるサービス品です。

で、このパンとバターはただものではない。

パンは、パリ随一の名工房Poujauran(プージョラン)に一任し特別なレシピを採用
粉は、フランスからを輸入し、同社が運営するRoyal Garden Cafe青山で毎日焼いている。

バターは、Lescure(レスキュール)フランス産最高級発酵バターです。

発酵バターと云えば、エシレが有名ですが、バターで初めてAOCに認定されたのがレスキュール。

*A.O.C.(原産地呼称統制)
Appellation d'Origine Controleeの略。
「フランスの伝統的な食品」であることを証明する制度で、同国のINAO(Institut National de l'Origine et de la Qualité. 国立原産地・品質研究所)が製造地域、製造方法を厳格に審査して認証しています。

発酵バターといえば、エシレでしょ?という方へ
ここで、レスキュールについて、少し書きます。

レスキュールは1884年創業の老舗ブランド。

温暖な気候である、フランス西南部に位置する小さな村ブゴン(Bougon)で、
自由放牧され、良質な牧草を食べ育った乳牛はこくのある牛乳を生み出します。

その牛乳を搾乳後72時間以内に遠心分離機にかけてクリームを分離し、
乳酵母を植えつけて熟成させます。

良質、新鮮な原料で、製造地域と伝統手法を守られた上質なバターなのです。

250gで約2000円。
お馴染みのバターは200gで380円ぐらいですので、高級ですね。
お値段だけあって、パンやお料理との相性は抜群によい。

パンや焼き菓子、使用するバターによって、風味が全然違います。

R0015638.jpg

キッシュと2種類の野菜添え 1400円
(菊芋)

R0015714.jpg

キッシュと2種類の野菜添え 1400円
(きのこ)

R0015721.jpg

生地の部分が、サックサクです。

R0015642.jpg

日替わりメインディッシュ 1950円
(すずき)

メインディッシュの内容は、その日の食材によって変わります。
お魚料理、お肉料理のいずれか。

R0015712.jpg

日替わりメインディッシュ 1950円
(チキンのポトフ)

正面にある珍し野菜は黒大根です。
とにかく、野菜が美味しい。

ローズ・ベーカリーの料理は、野菜ありきで、
主役の野菜はお店に届いてから48時間を消費期限としています。

魚や肉も同様に、入荷した日に使い切る方針。
料理は当日調理し、売り切り仕舞いが鉄則で、焼き菓子も作り置き禁止を徹底している。

JPG_convert_20110205223810.jpg

料理に使われている野菜がディスプレイとして店内に置いてあります。

「これはなに?」と珍しい野菜にであったとき、原型を確認できるのはありがたい。

R0015648.jpg

看板料理の、野菜の盛り合わせ 1500円。

緑のお皿にカラフルな野菜が映える。
カリフラワーにブロッコリーを細かく刻んだドレッシングが面白い。

R0015656.jpg

中盤に差し掛かり、テーブル全体を撮影。
色合いがビビド、カラフル。

R0015643.jpg

パンケーキ、オーガニック メープルシロップ添え 1200円

R0015645.jpg

カフェメニューは、ブランチ/日替わり/デザート
ドリンクはコーヒー、紅茶、ジュースの他に、アルコール(ワイン/ビール/シャンパン)もあり。
すべてテイクアウト可。

R0015654.jpg

スコーン、バター・ジャム添え 550円

表面がサックサク。
追加で持ち帰りをお願いしたが、既に売り切れ。

次の焼き上がりまで少々時間がかかりそうなので断念。
あと3つぐらい食べたい…。

R0015660.jpg

パリで一番人気のキャロットケーキ 550円
トップはクリームチーズ。

結構食べごたえあります。

R0015666.jpg

オレンジレモンケーキ(パウンド)

R0015665.jpg

チョコレートケーキ(パウンド)

R0015663.jpg

キャラメルタルト

タルト生地の中にキャラメルプリンが入っているようなタルト。
このタルトは注文して正解。このサクサク感。
プリンの部分は甘すぎず、もたれず。

R0015668.jpg

ブラックティー(イングリッシュブレックファスト)600円

鉄瓶に入って出てきます。
こちらの鉄瓶は、お茶の種類によって、色分けされています。

Black tea→黒
Green tea→緑
Red tea→赤
Herbal tea→青

日本の鉄瓶は、数年前からヨーロッパで流行しており、
ローズベーカリーで使用されている鉄瓶は、本国で実際に販売されているそう。

日本でも何れ販売を検討とのこと。お値段は、8000円前後。

添えてあるクッキーは店内で焼いているもの。
販売もされています。

R0015670.jpg

カプチーノ 600円

R0015658.jpg

たくさん食べましたが、全くもたれはなく、翌日の胃腸がすこぶる調子いい。

しばらくの間、混雑しそうですが、スコーンは早くまた食べたいです。

●店名:ローズベーカリー 丸の内
●住所:千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル1F
●電話:03-3212-1715
●営業時間:11:00~20:00

| オーガニック | 00:34 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://freedomsunshine.blog114.fc2.com/tb.php/92-97e5d295

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。